薬剤師の免許取得方法

薬剤師になるには、薬剤師の国家試験に合格しなくてなりません。試験に合格した後、厚生労働大臣より合格証書を交付され、薬剤師名簿に登録することによって薬剤師の免許を労働大臣より与えられます。2006年から薬学部では6年制の薬剤師養成課程が設置され、2012年から6年制課程の卒業者を対象に新たな薬剤師国家試験が実施されるようになりました。

そのため、受験するには、研究者養成を目的とした4年制の薬科学科を卒業した場合は、平成18年~29年度までになりますが、その先に大学院で、薬学の修士または博士の課程を修了し、2年以上の在学期間があること、もしくは、4年制課程入学から12年以内に医療薬学にかかわる科目など6年制との差分となる単位を取得していること、この2つのどちらかを満たして厚生労働大臣の認定を受けて受験資格が生まれます。

また、外国の薬学校を卒業、もしくは外国の薬剤師の免許を受けたもので、厚生労働大臣が6年制の薬学の課程を修めたものと同等以上の学力と技能を持っていると認定した場合も、受験資格が生まれます。この薬剤師国家試験は年1回で、毎年3月に2日間の日程で実施されています。問題数は345問で、全問マークシート方式になります。

 

薬剤師の働く場所

薬剤師として働く場所は、様々な分野にわたっています。主に医師の処方箋から薬を調合し、提供する調剤薬局が主流ですが、最近では様々なドラッグストアが全国的にチェーン展開され、第1類医薬品を販売するには薬剤師が必要なために、ドラッグストアに勤務する薬剤師も増加しています。SMO(治験施支援機関)で働く場合もあります。SMOでの仕事は治療コーディネーターと治験事務局があり、医療機関での医師へのサポートや服薬指導、製薬メーカーとの調整を行います。

治験にかかわる医療関係者の負担を軽減するために業務を支援し治験の品質や、スピード向上を目指します。医療チームで働く専門薬剤師という仕事もあります。高度で複雑化している医療の現場では、チームを組んで、医師や看護婦と共に患者に対して最善の治療を行うために、最新の薬学の情報を提供します。

薬物治療の高度な技能と知識が必要な仕事です。現在日本病院薬剤師会によって、「がん」「感染制御」「精神科」「妊婦・授乳婦」「HIV感染症」の領域で認定されています。食品会社や保健所、化粧品メーカーなどでの品質管理や研究、科学捜査研究所、自衛隊での薬剤官など、医療機関以外での分野でも薬剤師として働く場所があります。

Comments have been closed/disabled for this content.